MENU

カラダにみられるPMS症状って?

理由はわからないけれど、気付くと体がだるかったり、仕事でもミスばかりしてしまったり。

 

疲れているせいかもと思ってやり過ごして方も多いかもしれませんが、
その不調、もしかしたらPMSが原因かもしれません。

 

生理が始まる前の約2週間、排卵後から月経直前の時期に、
個人差こそあれ女性の体にはさまざまな不調が現れます。
その他の体調不良との特徴的な違いは、生理がはじまると症状がなくなるという点。

 

主な症状としては頭痛、腹痛、むくみ、めまい、吐き気、便秘などがあります。
原因はまだはっきりとはしていませんが、現在考えられている原因は主に3つあるんです。

体調に出るPMS症状

PMS(体調不良)の原因は?

1つは「貧血」
生理中は出血が起こるため、貧血になりやすいと自覚している女性は多いかもしれませんが
「貧血」は生理前にも起こりやすいのです。

 

というのも、生理前は妊娠に備えて体が準備をはじめる時期。
その時に本来なら脳に供給される血液が子宮に集まり、脳への血液供給が減少します。
そこで起こるのが集中力の低下やめまいなど。

 

2つ目は「機能性低血糖症」
「機能性低血糖症」とは血糖のコントロールが上手くいかず、適切な状態を保てないこと。
生理前は血糖値を下げてくれるインスリンというホルモンがあまり働かなくなり、
血糖値が上がりやすい状態になってしまいます。

 

この上がった血糖値を下げるために普段より多量のインスリンが必要になり、
そして今度は血糖値が下がり過ぎた低血糖の状態に陥ってしまうのです。
生理前になると急に甘いものが食べたくなる、なんて経験はありませんか。

 

それは体が低血糖の状態から今度はまたあげようとしているため。
血糖値の急激な上がり下がりを繰り返してしまうので、
生理前の糖質の過剰な摂取はおすすめしません。

 

そして3つ目が「女性ホルモンの変化」
卵巣から分泌されるホルモンには主に2種類あります。

 

乳房や性器の発達など、女性らしい身体を作りあげるために分泌される「エストロゲン」。
そして妊娠のために分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」。

 

「プロゲステロン」は排卵が行われないと分泌されない、
ということは生理前はこのホルモンの影響を受けやすい時期にあるといえます。

 

妊娠の準備に入った体は体温や水分調整の変化などを行うため、
それが原因でさまざまな体調の変化が生じると考えられています。

PMS対策におすすめのサプリ

PMSに効果あり!ルナベリー

ルナベリーはPMS対策に有効とされ、昔から生理不順を始め、生理前の不快な症状に悩む女性から親しまれているハーブ、「チェストベリー(チェストツリー)」が40mgも配合されているだけではなく、
憂うつやイライラ、情緒不安定を和らげてくれる月見草オイル(γーリノレン酸)も100㎎、女性ホルモンを安定させる効果のあるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている亜麻仁油(アマニオイル)も100㎎配合。
ホルモンバランスをしっかり整えてくれます。他にも女性にうれしいハーブがたくさん配合されていているうえ、ビタミンをはじめとしたカルシウム、マグネシウムなどもしっかり含まれているのでPMS対策におすすめです。

ルナベリーの詳細はこちらルナベリー調べてみました!

 

PMS対策サプリ 人気ランキングはこちら