MENU

PMSと更年期は同じ?

PMSと更年期障害はよく似ているといわれます。

 

40代以降の女性ですと、自分が果たしてどちらに苦しめられているのかわからなくなってしまうこともあるようです。
PMSだと思い込んでいたら更年期障害だった、という女性や、またその逆も多いのだとか。

 

どちらに入るかによって治療の方法も変わってくるため、ある程度の知識を持っておいた方が良いかもしれません。
この2つの違いの前に、まず更年期障害についてご説明します。

 

更年期障害とは?

閉経を中心に前後合わせて約10年間を「更年期」と呼びます。
個人差がありますが、大体45歳から55歳くらいです。

更年期とPMSの違い

 

閉経に伴い体ではいろいろな変化が起きるのですが、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少するのもそのひとつ。
このホルモンが急激に低下することで自律神経の調節を乱してしまい、
さまざまな不調が現れるのです。

 

症状としてはのぼせや冷え、寝付きが悪くなる、頭痛や吐き気を伴う不快感、憂鬱になるなどの精神的な不調も起こります。
PMSと同様に更年期障害の度合いも個人差がありますが、
日常生活にも影響を及ぼす不調の場合、更年期障害と呼ばれるようです。

 

PMSも更年期障害もどちらもホルモンの乱れが原因、似ているのも当り前なのかもしれません。
ではこの2つの違いとは一体何なのでしょうか。
違いは、生理がきちんときているかどうか、生理が始まると症状が治まるか、です。
一定の期間で生理がきているのであれば、それはPMSであり、更年期障害ではありません。

 

さらに見分けが困難なのが、若年性更年期障害の場合です。

 

若年性更年期障害とは20代や30代など比較的若い年齢にも関わらず、月経が不順になる、
またはなくなってしまうという状態になり、更年期障害と同じような症状が出てしまうことです。

 

割合としては高くありませんが、1年以上月経がこない場合「閉経」と呼ばれるようです。

 

こちらの場合は生理不順といえども症状が生理前のみにあらわれるのであれば、それはPMSと呼べるそうです。

 

もし生理不順や無月経状態が続いていて、心身の不調もずっと続いているようであれば、
若年性更年期障害を疑った方が良いかもしれません。

 

また似た症状の多い2つですが、手足の冷えやホットフラッシュ、大量の汗をかくなどの症状はPMSではみられない症状ですので、これも更年期障害かもと思った方が良いかもしれません。

 

現在PMSの症状がある20代後半の私ですが、更年期でこういった症状がずっと続くと思うと今からブルーです・・・。

 

PMS対策におすすめのサプリ

PMSに効果あり!ルナベリー

ルナベリーはPMS対策に有効とされ、昔から生理不順を始め、生理前の不快な症状に悩む女性から親しまれているハーブ、「チェストベリー(チェストツリー)」が40mgも配合されているだけではなく、
憂うつやイライラ、情緒不安定を和らげてくれる月見草オイル(γーリノレン酸)も100㎎、女性ホルモンを安定させる効果のあるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている亜麻仁油(アマニオイル)も100㎎配合。
ホルモンバランスをしっかり整えてくれます。他にも女性にうれしいハーブがたくさん配合されていているうえ、ビタミンをはじめとしたカルシウム、マグネシウムなどもしっかり含まれているのでPMS対策におすすめです。

ルナベリーの詳細はこちらルナベリー調べてみました!

 

PMS対策サプリ 人気ランキングはこちら