MENU

分かってくれるだけでいいのに・・・

女性の85%が何らかの症状に当てはまるといわれている、PMS。
そんなにも多くの女性が悩まされているにも関わらず、日本ではPMSの認知度は低く、それが男性を対象としたものになると、さらに下がります。

 

よくヒスを起こしている女性に向かって「あいつ生理なんだぜ」なんて言う人がいますが(しかも結構多い!)、実際には生理中より生理位前にイライラする人の方が多いような・・・。
やっぱり男の人は理解していません(笑)

 

PMSが顕著に現れるという20代から30代は、会社勤めをしていたり、パートナーがいたり、子どもがいたりと、人間関係も多種多様。
生理前は心身ともに女性にとってとても過敏で、また辛い時期でもあります。

 

そんな時に身近な男性である彼氏や家族、旦那さんから理解のない発言をされると、さらにしんどくなってしまいますよね。
女のことがわかっていないな~と思う場面に遭遇すると、本当にうんざりしてしまいます
そして気のせいか余計にPMSが悪化するような・・・。

大事には人には伝えてみましょう

生理前を辛さを甘えって言わないで!

例えば生理前に起こるイライラや落ち込みやすさ。
その他急に泣きたくなってしまう情緒不安定。

 

生理前は無性に悲しさが込み上げてきて子どものようにわんわんと泣いてしまい、
泣くだけでは収まらず、そのまま過呼吸に陥ってしまうなどのつらい事態になってしまう人もいます。

 

けれどもそんな時彼氏は「努力が足りない」の一言…。
冷たいわけではなく、純粋に甘えているんじゃないかと思ってしまう男性も多いようです。
甘えではなくどうしようもないことなのだと説明しても理解してもらえず、ますます悲しい気持ちになってしまうことも。

 

また体調不良も困りものです。
腹痛や吐き気など、人によっては身動きが取れなくなってしまうほど苦痛を味わう人もいます。
特に会社勤めをしている方は、どんなに辛くても会社に行き、通常の業務をこなさなくてはなりません。

 

上司が女性であれば相談もしやすいですが、女性の社会進出が進んでいるもののまだまだ管理職となると男性の方が多いもの。
生理休暇などの制度が整っていれば良いですが、下手をするとずる休みと思われてしまうことも。

 

ひどい場合には上司に仕事の手を抜いていると勘違いされてしまうこともあるようです。
PMS時の体調不良で、自分を評価されてしまうのはとてももったいないですよね。

 

PMSのことや個人的な症状がどういうものか相談し、理解はしてもらうように働きかけた人という話も聞きますが、
こんなプライバシーにかかわることを説明するのはとても辛いものです。

大切な人には伝えてみよう

言わなくてもわかってほしいのが女ですが、言われないとわからないのが男の人。
わかってくれないと嘆く前に、一度しっかり説明すると良いと思います

 

またその時は自分の個人的な見解を述べるばかりでなく、
本やインターネットの記事など、客観的に見ても説得しやすいデータや材料を集めておくと、より理解・共感してもらいやすいと思います。

 

彼氏と何度も喧嘩をしてしまった人も、
その都度何度も説明した結果、わざわざPMS用のノートまで作りって勉強、理解してくれるまでになった!なんて嬉しい報告もあるんです。

 

理解されないと悲しくてとても辛いですが、自分の好きな人や身の周りの人を信じて、
思い切って一歩踏み出してみましょう!

PMS対策におすすめのサプリ

PMSに効果あり!ルナベリー

ルナベリーはPMS対策に有効とされ、昔から生理不順を始め、生理前の不快な症状に悩む女性から親しまれているハーブ、「チェストベリー(チェストツリー)」が40mgも配合されているだけではなく、
憂うつやイライラ、情緒不安定を和らげてくれる月見草オイル(γーリノレン酸)も100㎎、女性ホルモンを安定させる効果のあるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている亜麻仁油(アマニオイル)も100㎎配合。
ホルモンバランスをしっかり整えてくれます。他にも女性にうれしいハーブがたくさん配合されていているうえ、ビタミンをはじめとしたカルシウム、マグネシウムなどもしっかり含まれているのでPMS対策におすすめです。

ルナベリーの詳細はこちらルナベリー調べてみました!

 

PMS対策サプリ 人気ランキングはこちら