MENU

10代から40代 それぞれ悩みが変わってきます

10代から50代くらいまで、女性が付き合い続ける生理。
食生活や健康、また体のつくりの個人差もありますが、初潮を迎えてすぐにPMSに悩まされる女性もいるようです。

 

学生から社会人、そして結婚や出産。
年齢によって女性を取り巻く状況もさまざまに移り変わります。
今回は年代別のPMSの悩みの具体例をご紹介します。

年代別 PMSの辛さ

10代から20代の比較的若いころには、体の不調が顕著に表れるといわれています。
乳房の張って痛むことや、頭痛や腰痛などを感じやすい年代です。

 

体が女性になるためのいろいろな準備をしている時期でもありますので、
ホルモンバランスが不安定になり、肌荒れやニキビなどにも悩まされやすいようです。

 

20代前半、社会人になってから一番困るのは、仕事のミスや集中力が落ちるという点。
普段の自分とは違うのだと割り切ってしまえたら楽ですが、
周囲のペースどうしても合わせなくてはならない場面の多い会社では、
そうもいかない時が多いもの。

 

数字などミスの許されない仕事は調子の良い時に回すなど、
うまくスケジューリングしながら仕事をこなすと良いかもしれません。

 

また社会人になりたてだと慣れない場所で受けるストレスや対人関係の不安が、
PMSの症状をさらに重くしてしまうことも少なくありません。
ストレスはPMSの大敵なのです。

 

20代半ばからは結婚をする女性も多くなります。
結婚などパートナーのいる状況で起きやすい悩みが、
PMSによるイライラやパニックなどが原因で人間関係がうまくいかなくなってしまうという点です。

 

普段はとても仲が良いのに、生理前だけ相手の欠点や微妙な言葉のニュアンス、態度が気に食わなくなり、攻撃的になってしまうというのは、よく聞く話。

30代のPMS症状

極端な例では口論になり、そのまま破局なんてこともあるようです。
普段から相手にPMSについてよく理解してもらい、
また生理周期についてもお互いがわかっている状況が理想かもしれません。

 

そうすれば本当は相手のことが憎いわけでも嫌いなわけでもなく、
ただそういう時期なのだと、うまく受け流せるようになります。

 

出産を迎えた女性の多くなる30代になると、
10代から20代の頃が体に不調をきたしていたのに対し、精神面での不調をきたしやすいといわれています

 

また出産経験のない女性よりも出産経験のある女性の方が、よりPMSが原因の精神の乱れを感じやすいといわれています。

 

慣れない育児に仕事、また夫へのケアなど、とにかく忙しい年代。
そのため疲れやストレスが発生しやすく、そこにPMSの症状が加わり精神的に参ってしまう女性も多いのだとか。

 

夫や子どもにつらく当たってしまい、それが原因でまた罪悪感に苛まれたり、
やることが多すぎてパニックに陥ってしまったり。
ひとりで全て背負いこまず、うまく助けてもらう方法を見つけ出すことが、理想かもしれません。

PMS対策におすすめのサプリ

PMSに効果あり!ルナベリー

ルナベリーはPMS対策に有効とされ、昔から生理不順を始め、生理前の不快な症状に悩む女性から親しまれているハーブ、「チェストベリー(チェストツリー)」が40mgも配合されているだけではなく、
憂うつやイライラ、情緒不安定を和らげてくれる月見草オイル(γーリノレン酸)も100㎎、女性ホルモンを安定させる効果のあるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている亜麻仁油(アマニオイル)も100㎎配合。
ホルモンバランスをしっかり整えてくれます。他にも女性にうれしいハーブがたくさん配合されていているうえ、ビタミンをはじめとしたカルシウム、マグネシウムなどもしっかり含まれているのでPMS対策におすすめです。

ルナベリーの詳細はこちらルナベリー調べてみました!

 

PMS対策サプリ 人気ランキングはこちら