MENU

ココロにみられるPMS症状って?

普段は穏やかな性格なのに、
いつもは気にならないことに対し急に不満を感じたことはありませんか。

 

その他にも忘れていたはずなのに、突然過去の嫌だったことを思い出して泣いてしまったり、
公共の場だとわかっているのに軽いパニックのようなことになってしまったり。

 

私は些細な事でも受け流せなくなって、人にキツク当たるようになってしまいます。

 

その精神乱れも、PMSが原因かもしれません。

 

PMSは個人差こそあれ、精神にも影響するのです。

 

主な症状はイライラや憂鬱、無気力、情緒不安定など。
その他にも感情のコントロールができなくなる、なんてことも起こります。

ココロに出るPMS症状

なぜ生理前にココロが不安定になるの?

どうして生理前になると精神的にも影響を受けてしまうのでしょうか。

 

その原因は排卵後に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)であるといわれています。
妊娠に必要な子宮内膜を厚くしたり基礎体温をあげたりしてくれるホルモンですので、決して悪いものではありません。

 

けれどもこのホルモンの影響で、例えばセロトニンという物質の働きが低下してしまいます。
セロトニンとは通称「幸せホルモン」とも呼ばれています。

 

この物質が作られることによって、人は落ち着きや満足感を得ることができます。
そのためこの物質が低下する生理前は、鬱のような状態になってしまったり攻撃的な性格になってしまったりするのです。

 

また生理前は普段分泌されているエストロゲンという女性ホルモンの分泌も低下傾向に。
このホルモンは乳房を大きくしたり子宮に働き掛けたり、女性らしい体を作ってくれるホルモン。
そして自律神経を整えてくれているホルモンでもあるのです。
そのためこのホルモンの分泌が低下してしまうと、自律神経が乱れやすくなり、パニックや、情緒不安定になってしまう、なんてことが起こります。

 

またこの2つのホルモンは睡眠にも影響を与えるため、
睡眠不足や睡眠の質が悪いということが起こり、そこからさらに精神的に乱れてしまう可能性もあります。

 

PMSが引き起こす様々な精神的作用。
女性の中でも完璧主義な人や、律儀で真面目な人、
負けず嫌いな人は症状が出やすいといわれています。

 

PMSの時はどうしても仕事の能率が下がり、ミスも起きやすい時期。
そんな時に「どうしてうまくいかないの」と自分を責めてはさらにネガティブな状態や精神の乱れに拍車を掛けることになってしまいます。
こういう時期なのだと受け入れ、うまくリラックスして過ごすことをおすすめします。

PMS対策におすすめのサプリ

PMSに効果あり!ルナベリー

ルナベリーはPMS対策に有効とされ、昔から生理不順を始め、生理前の不快な症状に悩む女性から親しまれているハーブ、「チェストベリー(チェストツリー)」が40mgも配合されているだけではなく、
憂うつやイライラ、情緒不安定を和らげてくれる月見草オイル(γーリノレン酸)も100㎎、女性ホルモンを安定させる効果のあるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている亜麻仁油(アマニオイル)も100㎎配合。
ホルモンバランスをしっかり整えてくれます。他にも女性にうれしいハーブがたくさん配合されていているうえ、ビタミンをはじめとしたカルシウム、マグネシウムなどもしっかり含まれているのでPMS対策におすすめです。

ルナベリーの詳細はこちらルナベリー調べてみました!

 

PMS対策サプリ 人気ランキングはこちら