MENU

あなたの体調不良、情緒不安定…生理前に起きてませんか?

最近なぜか気分ものらないし憂うつで嫌になる・・・、ここ数日体調よくないな・・・。
よくよく考えてみると、そういった不調、生理前に起きてませんか?
あなたのその不調、PMS(月経前症候群)かも!

 

20代後半の私ですが、ここ数年もともとあった生理痛・排卵痛に加え、PMSに悩まされています。

 

みなさんもいつも生理前はこうだから仕方ない、なんてあきらめていませんか?
病院や、薬の副作用とか怖い・・・、なんて方もサプリならおだやかに症状が改善できますよ。

 

人気のサプリでPMS対策して、ゆっくりホルモンバランス整えてつらいPMSを改善、生理前の2週間を快適にしてみませんか?

PMS対策・症状改善に!人気のおすすめサプリメントランキング

ルナベリー

 

ルナベリーはPMS対策に有効とされ、昔から生理不順を始め、生理前の不快な症状に悩む女性から親しまれているハーブ、「チェストベリー(チェストツリー)」が40mgも配合されているだけではなく、
憂うつやイライラ、情緒不安定を和らげてくれる月見草オイル(γーリノレン酸)も100㎎、女性ホルモンを安定させる効果のあるオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている亜麻仁油(アマニオイル)も100㎎配合のサプリ。
他にもブラックコホシュなど女性にうれしいハーブがたくさん配合されていているうえ、ビタミンをはじめとしたカルシウム、マグネシウムなどもしっかり含まれているのもおすすめ。
PMSだけではなく女性の元気とキレイにの為に、嬉しいサプリです。
また、こちらの商品はなんと120日間の全額補償キャンペーンも実施中!効果に自信が感じられますね。
こういった商品は一定の期間試してみないと効果がわからないのですが、しっかり4カ月試せるのでおススメですよ!
生理周期やホルモンバランスを整える効果もあるので、生理不順、排卵痛でお悩みの方にはぜひ試してみてください。

ルナベリーの詳細はこちらルナベリー調べてみました!

 

めぐルナ

 

めぐルナはPMSに有効とされるチェストベリ―の他、高麗人参や生姜、そして乳酸菌など、女性の体に優しい成分がたくさんのサプリ。
また他ではあまり見かけないクワンソウという沖縄の伝統野菜を配合しています。
クワンソウは精神安定に役立つギャバが含まれているので、イライラや情緒不安定に効果的です。
チェストベリ―の配合量が10㎎と少な目ですが、1日2粒まで飲むことができるので自分に合ったサプリの量を調整できるところが嬉しいですよね。
定期コースを申し込むと毎回送料無料の3,980円とお得。
そして今なら基礎体温計などのサポートセットが付いてくるのでおすすめです。
基礎体温をつけて、PMSをはじめとした自分のリズムとしっかり向き合うチャンスですよ。

めぐルナの詳細はこちらめぐルナ調べてみました!

 

女性のミカタ

 

女性のミカタはPMSの症状別に、カラダの症状にしっかり効かせる「すこやか編」、ココロの安定の為の「やすらぎ編」の2種類があるのがその特長。
身体の症状はあるけど気持ちの方は安定している、情緒不安定だけど身体の不調はない、など、生理前の体調は人さまざま。
自分のPMS症状に合わせたサプリが選べるのが嬉しいですよね。
すこやか編には人気のチェストツリー(チェストベリー)が40㎎配合されているほか、むくみ対策におなじみのメリロート、冷えに効くヒハツなどが含まれています。
やすらぎ編にはPMSに効果のある月見草オイルが330㎎、イライラ、欝々した気分に効くラフマ、そしてエストロゲンを補う大豆イソフラボンが配合。
そしてどちらのサプリにも美肌に効果のあるビタミンが配合されています。
定期購入だと初回は半額、以降は10%OFF・送料無料なのですが、2種類セットで購入すると2か月以降の割引が20%になってさらにお得!
改善のためにもずっと続けていきたいものだから、この価格は嬉しいポイントです。

女性のミカタの詳細はこちら女性のミカタ調べてみました!

 

アサイー&ノニ

 

アサイー&ノニはその名のとおり、スーパーフードとして人気のアサイーとノニの成分をタップリ配合したサプリです。
アサイーはポリフェノール・カルシウムをはじめ、PMSの方に不足しがちが鉄分、マグネシウムも多く含まれています。
むくみに効果のあるカリウムはバナナの3倍と言われているんですよ。
ノニにはアミノ酸は中佐脂肪酸等が含まれていて、ダイエットのサポートに最適です。
こちらのサプリにも月見草オイルと亜麻仁油が配合、生理前の憂鬱やイライラに効果的です。
PMSの症状として肌荒れが気になる方にもおススメのサプリですよ。
定期コースで申しめば、初回は半額、以降は10%OFFで送料も無料です。

アサイー&ノニの詳細はこちらアサイー&ノニ調べてみました!

その不調、PMS(月経前症候群)かも

そろそろ生理が来そう、そんな時あなたの体調はどんな感じでしょう?
ぜーんぜん、へっちゃら。カレンダー見ないと生理前って忘れてる。って人もいれば、

 

食欲旺盛になって甘い物が恋しくなるな~。
やけに胸が張って、走ったりするとすごく痛い。
涙もろくなって、テレビとか本とか見てて号泣しちゃう。
なぜか頭痛くなるんだよね。
無性に眠くてたまらない。
生理始まってもいないのに、すでにお腹痛いんですけど!
怒りっぽくなって、彼氏に八つ当たりばっかり。
ずっと胃がムカムカする。
腰が痛くて、子供抱っこするのがキツイ・・・。

 

人によって様々ですが、意外と思い当たる人も多いのでは?
しかも一つだけじゃなくて二つ、三つ・・・。

 

そもそも生理不順だったりすると、生理が来て初めて「あ、あのイライラはPMSだったんだ!」とわかることも多々あるんじゃないでしょうか?
なんせ私もその一人だったのです。

PMSとは?

PMSの原因ははっきりと解明されていないのですが、
主にプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響であると考えられています。

 

生理開始から排卵までの時期はエストロゲン(卵胞ホルモン)というホルモンが優位に働くのですが、排卵が終わった後はエストロゲンに代わってプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが活発になってきます。

 

それぞれのホルモンの簡単な説明をすると・・・。
エストロゲンは髪の毛や肌の調子を良くし、女性らしさを維持してくれる働き。

 

プロゲステロンは妊娠を維持する働きを持っています。
妊娠を維持する働きとは、体温を上げたり、栄養や水分をため込んだり、食欲が増したり、眠気を促したりといった症状がおこります。
水分が溜め込みやすくなことで、むくみ、胸の張り、それから頭痛などを引き起こすことにつながっていくのです。

 

生理前の不調、PMS症状は体調だけではありません。
精神的にもイライラしたり、落ち込みやすかったり、何かと不安定になりがちです。

 

こういった症状にかかわってくるのがセロトニンという脳内物質。
セロトニンはリラックスを促す物質なのですが、
エストロゲンが低下することでセロトニンが急激に減り、イライラしたり、ネガティブな思考になりやすくなってしまうといわれています。

 

私は憂鬱にはなりませんでしたが、イライラしやすく人に対して当たりやすくなってました・・・。

PMSはほとんどの女性が経験しています

PMSの色々な症状、程度の差はありますが、実はほとんどの女性が経験したことがあるそうです。

 

ゼリア新薬工業が行った「PMS(月経前症候群)が人間関係にもたらす影響」という調査によると、

 

・生理前にイライラすると感じる人は全体の51.3%
・家事能力が低下してしまうと感じる人は63.2%
・これらの症状がある人で、PMSであると認識しているひとは53.4%

 

なんだとか。
また日本産科婦人科学会によるPMSの定義では約70~80%にあたる生殖年齢の女性は、生理前に何かしら症状が伴う、とされています。
つまり、多くの女性がPMSの症状を認識しているのに、特に対策はとっていないというのが現状なんです。

 

私もずっと、PMSの症状がこんなに辛いのは自分だけだと思っていたのですが、実は友人たちにも結構いました。
しかも幅広い年代にわたって!
PMSって自分だけじゃないんたー!と思ったらそれだけでも気持ちが少し楽になりました。

 

ここでは管理人の私をはじめ、PMSの症状に悩み、付き合ってきた人達の体験談を載せています。
ぜひ参考になさってください。

PMS体験談

女性にとって切っても切れない、生理との長い付き合い

毎月生理の事で悩んで憂鬱になったり、PMSによる不快な症状や体調不良、イライラや憂うつに苦しめられたりしているけれど、
それでも生理は女性にとっては切っても切れない、付き合い続けなければならない大事なもの。

 

だいたい12歳頃に初潮を迎え、およそ50歳頃に閉経を迎えるのが平均のようです。
平均で35年から40年間もの長い間、女性は毎月生理を繰り返すんです。

 

女性の平均寿命は約80歳、つまり人生の半分近くを生理と共に過ごしていくことになります。
また1回の生理を6日間だと計算した場合、40年間で数えてみると2880日、7~8年間分ものとても長い時間生理の日があることに

 

私は20代後半、12歳に初潮が来ていますので、あと20年位はまだ付き合っていかないといけない、ということになります。
このままサプリなどでPMSの対策をしなければ、まだまだ長い間つらい思いをしなければならなかった、というわけですね。

PMSと排卵痛の関係

月経が日周期だとすると、月経が終わってから14日程経った頃に排卵がおきます。

 

排卵痛は排卵前後3日程の間に起きる痛みで、ちょうど真ん中のあたりに起きるので「中間痛」なんて呼ばれることも。

 

私も最初はこの痛みが何なのかよくわかっていませんでしたが、排卵痛は排卵時の卵巣の腫れや、卵巣の壁が傷ついた時の痛みだと言われています。

 

卵巣の腫れはホルモンバランスの乱れから起きることもあるようです。

 

酷い時は排卵痛でも日常生活がキツイ位で、何より辛いのはそのままPMSに流れ込むこと・・・。

 

完全に2週間闇の中です。

 

私はPMS改善のためにサプリを摂り始めたのですが、結果としてはホルモンバランスが整ったのか排卵痛もだいぶ改善されました。

 

ちょっとうれしい誤算です。

PMSは改善できます!

女性と生理は切っても切れない間柄。
それなのに毎回のよう起きる体調不良や心の不調、イライラや憂うつで仕事のミスを増やしたり、友人や恋人、家族などの大切な人を傷つけてしまうのが何より辛いんですよね。

 

そんな辛いPMS、実は改善方法がいくつかあるんです。

 

・生活習慣の改善
・治療薬の使用
・PMS対策・改善のサプリの使用

 

このサイトではPMSに関する様々な情報を掲載しつつ、主に取り入れやすいサプリについて紹介していきたいと思います。

 

まだまだ続く、生理との長ーい付き合い。
体調不良が生理前にあると気が付いたなら、あなたもサプリでそのPMSの症状を改善してみませんか?

 

 

PMS対策サプリ 人気ランキングはこちら